050-3204-0552 (お問合せ専用ダイヤル) 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
(月~土)9:00~18:00

相続 現金

  1. 税理士法人見浪白木会計事務所 >
  2. 相続 現金

相続 現金に関する基礎知識記事や事例

  • 小規模宅地等の特例とは小規模宅地等の特例とは

    小規模宅地等の評価減の特例は、相続人に自宅や事業をスムーズに承継できるように配慮するための制度です。 相続税は、現金による一括納付が原則となっています。そのため、相続財産が自宅しかない場合...

  • 配偶者居住権とはどんな制度?配偶者居住権とはどんな制度?

    相続を機に、住み慣れた家から違う家に移り住むことは高齢者となった配偶者にとって身体的にも、精神的にも負担となってしまいます。そのため、今回の相続法改正では新たに配偶者居住権という制度が設けられる...

  • 相続税の延納ができる条件やメリット・デメリットについて相続税の延納ができる条件やメリット・デメリットについて

    相続税は相続財産の額において決まり、相続開始時から10か月以内に申告と納税を行う必要があります。 相続税は原則として10か月以内に現金一括納付となりますが、条件を満たせば延納を行うことが可...

  • 相続税の申告が必要な課税財産の種類を紹介相続税の申告が必要な課税財産の種類を紹介

    遺産が基礎控除額(3,000万円以上)を超えている場合、相続税の手続に留意しましょう。少なくとも納付すべき相続税が発生するのなら各種財産の価額を評価・計算し、申告しなければなりません。 ...

  • 自分で相続税申告!メリットとデメリットのバランスが重要自分で相続税申告!メリットとデメリットのバランスが重要

    相続財産が一定以上になると、相続税の申告義務が相続人あるいは受遺者に課されます。 そしてこの相続税申告は自分ですることができるのですが、「自分ですべきかどうか」はよく考える必要があります。...

  • 相続税の課税対象かどうかの判断に要注意!よくある間違いについて紹介相続税の課税対象かどうかの判断に要注意!よくある間違いについて紹介

    亡くなった方が持っていた財産は、基本的にすべてが相続税の課税対象となります。そのため承継した不動産や動産、現金や預貯金などはすべて相続税の申告内容に含めることになります。 ただ、課税対象...

税理士法人見浪白木会計事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ