050-3204-0552 (お問合せ専用ダイヤル) 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
(月~土)9:00~18:00

相続 税 計算

  1. 税理士法人見浪白木会計事務所 >
  2. 相続 税 計算

相続 税 計算に関する基礎知識記事や事例

  • 相続税の計算相続税の計算

    相続税の計算を行うためには、①課税対象額の計算、②課税額の計算という手順を踏みます。 ■課税対象額の計算 相続税の課税対象となるのは、相続する財産の総額から控除額を引いた分の金額です。控除額は...

  • 相続税の2割加算とは?計算方法や対象者など相続税の2割加算とは?計算方法や対象者など

    相続が発生すると相続から10か月以内に相続税の申告と納税を行う必要があります。 この相続税には2割加算というものが存在します。 2割加算をされるのはいったいどのような人なのか、そしてそ...

  • 相続税の基礎控除額はいくら?計算方法や法定相続人の数え方について相続税の基礎控除額はいくら?計算方法や法定相続人の数え方について

    相続により得た遺産に対しては、相続税が課税されます。ただし「基礎控除」が適用されることにより相続税が課税されなくなるケースもあります。 相続税が課税されるケースであっても、基礎控除額の大き...

  • 相続税の納付方法相続税の納付方法

    ■相続税納付の基本 相続税の納付は、相続人各々が自分で行います。そして、納付期限は被相続人の死亡から10か月以内となっています。この期限を過ぎてしまうと、課税額の増加というペナルティを受ける場合...

  • 相続税申告が必要となるケース相続税申告が必要となるケース

    相続申告が必要となるのは、①相続税が課税される場合、②配偶者特別控除の利用によって相続税の課税がなくなった場合です。 〇相続税が課税される場合 相続税が課税されるのは、相続財産額が控除額を超え...

  • 相続税申告の全体の流れ相続税申告の全体の流れ

    相続税申告を行うまでには、遺言所の検認、相続人・相続財産の調査、遺産分割協議、相続税申告という過程を経ることになります。 ■遺言所の検認 検認とは、遺言書の法的有効性を家庭裁判所で確認する手続...

  • 小規模宅地等の特例とは小規模宅地等の特例とは

    小規模宅地等の評価減の特例は、相続人に自宅や事業をスムーズに承継できるように配慮するための制度です。 相続税は、現金による一括納付が原則となっています。そのため、相続財産が自宅しかない場合...

  • 自分で相続税申告はできるのか?自分で相続税申告はできるのか?

    ■自分で相続税申告を行うには? ①相続人調査・遺産調査 まずは、誰が相続人にあたるのか、そして、被相続人の遺産がどれだけあるのかを調査します。 相続人は、遺言があればその記載通りに決定します。...

  • 土地の相続税の計算方法土地の相続税の計算方法

    相続税の計算をする際には、不動産の計算は、非常に複雑であるとされています。その理由は、預貯金であれば額面の額がそのまま相続税の評価額になりますが、不動産の場合には、評価額が一定ではなく変動してい...

  • 相続税の計算方法を知るには順序の理解が大切!納税額の算出で知っておくべき税率や控除制度についても紹介相続税の計算方法を知るには順序の理解が大切!納税額の算出で知っておくべき税率や控除制度についても紹介

    一定以上の相続財産を得た場合、相続税の計算をし、申告および納税をしなければなりません。しかし、その計算は複雑で、単純にできるものではありません。 複数の計算式にあてはめて段階的に納税額を...

税理士法人見浪白木会計事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ