050-3204-0552 (お問合せ専用ダイヤル) 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
(月~土)9:00~18:00

起業 条件

  1. 税理士法人見浪白木会計事務所 >
  2. 起業 条件

起業 または 条件に関する基礎知識記事や事例

  • 配偶者居住権とはどんな制度?配偶者居住権とはどんな制度?

    相続を機に、住み慣れた家から違う家に移り住むことは高齢者となった配偶者にとって身体的にも、精神的にも負担となってしまいます。そのため、今回の相続法改正では新たに配偶者居住権という制度が設けられる...

  • 創業融資とは創業融資とは

    企業を経営するにあたって、資金がなければ、建物や備品、生産業をする際には機械や材料の購入をすることができません。起業段階では、どのようにして資金調達を行うかが一番重要であると言えます。 資金調達...

  • 相続税の課税対象かどうかの判断に要注意!よくある間違いについて紹介相続税の課税対象かどうかの判断に要注意!よくある間違いについて紹介

    亡くなった方が持っていた財産は、基本的にすべてが相続税の課税対象となります。そのため承継した不動産や動産、現金や預貯金などはすべて相続税の申告内容に含めることになります。 ただ、課税対象...

  • 法人向けの節税対策法人向けの節税対策

    法人は、事業年度が終了するとその利益に応じて法人税を支払わなければなりませんが、その利益を「損金」と相殺することによって、法人税を抑えることが可能になります。法人税を抑える方法としては、次のよう...

  • 会社設立手続きの流れや必要書類、税理士に依頼するメリットとは会社設立手続きの流れや必要書類、税理士に依頼するメリットとは

    会社を設立するまでには様々な手続きを行わなければなりません。そしてそれぞれの手続きに際して必要書類も多数生じます。そのためスムーズに会社設立をするには、あらかじめ設立手続の全体像を掴んでおき、...

  • 資金調達の方法資金調達の方法

    会社を設立したばかりのころは売り上げも少なく、販売管理費などの「経費」によって赤字経営になることがよく起こりえます。また、資金がないことによって事業の拡大をすることが出来ないなどの弊害が生じるこ...

  • 定款は会社設立時に必須!株式会社と合同会社を例に作成方法と注意点を解説定款は会社設立時に必須!株式会社と合同会社を例に作成方法と注意点を解説

    会社設立を設立するには定款が必要です。これは会社法で定められており、“推奨”ではなく、“義務”です。そのため法人としてビジネスを始めようとしている方は、「定款とは何か」ということを理解しておく...

  • 【税理士が解説】起業後に発生する税金の種類と納付期限について【税理士が解説】起業後に発生する税金の種類と納付期限について

    自分のやりたいサービス・製品を提供するために、独立するためになど様々な理由で起業を考えている方にとって気になるのが、起業した際にどのような税金がどのくらいかかるのかでしょう。 この記事では、起...

  • 会社設立時の資本金を決めるときに着目すべきポイントとは会社設立時の資本金を決めるときに着目すべきポイントとは

    会社を設立するときには資本金の額を決めます。ルールとして「会社を立ち上げるには○○万円以上の資本金が必要」といったものは存在しておらず、基本的には好きな額を設定することができます。 しかし...

  • 相続税申告が必要となるケース相続税申告が必要となるケース

    相続申告が必要となるのは、①相続税が課税される場合、②配偶者特別控除の利用によって相続税の課税がなくなった場合です。 〇相続税が課税される場合 相続税が課税されるのは、相続財産額が控除額を超え...

税理士法人見浪白木会計事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ