050-3204-0552 (お問合せ専用ダイヤル) 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
(月~土)9:00~18:00

税務署 立ち入り 調査

  1. 税理士法人見浪白木会計事務所 >
  2. 税務署 立ち入り 調査

税務署 または 立ち入り または 調査に関する基礎知識記事や事例

  • 記帳代行を税理士に依頼するメリットとは?記帳代行で任せられることやコストについて記帳代行を税理士に依頼するメリットとは?記帳代行で任せられることやコストについて

    企業の事務部門の中でも重要な役割を担う経理業務ですが、自社の人員だけだと経理業務が回らないということがあります。このときに活用を検討したいサービスが、税理士による「記帳代行」です。 しかし...

  • 法人は個人事業主と何が違う?それぞれの特徴を比較法人は個人事業主と何が違う?それぞれの特徴を比較

    事業の立ち上げは「法人」「個人事業主」のどちらでもすることができます。しかしこれら事業主体の違いは今後の活動にも影響を与えますので、あらかじめよく考えて選択する必要があります。 ここで双方...

  • 税理士に相続税申告を相談するメリットとは税理士に相続税申告を相談するメリットとは

    相続税の計算や申告については税理士に相談し、依頼することがおすすめです。その理由は以下のメリットから説明することができます。 税理士を活用するメリット ...

  • 相続税の基礎控除額はいくら?計算方法や法定相続人の数え方について相続税の基礎控除額はいくら?計算方法や法定相続人の数え方について

    相続により得た遺産に対しては、相続税が課税されます。ただし「基礎控除」が適用されることにより相続税が課税されなくなるケースもあります。 相続税が課税されるケースであっても、基礎控除額の大き...

  • 顧問税理士を雇うベストなタイミング顧問税理士を雇うベストなタイミング

    顧問税理士とは、税務指導や経営サポートを継続的に行ってもらえるように一定期間で契約した税理士のことを指します。顧問契約を結んだ場合、顧問料を年間あるいは毎月支払うことになります。顧問税理士には、...

  • 相続税の申告が必要な課税財産の種類を紹介相続税の申告が必要な課税財産の種類を紹介

    遺産が基礎控除額(3,000万円以上)を超えている場合、相続税の手続に留意しましょう。少なくとも納付すべき相続税が発生するのなら各種財産の価額を評価・計算し、申告しなければなりません。 ...

  • 相続税の納付方法相続税の納付方法

    ■相続税納付の基本 相続税の納付は、相続人各々が自分で行います。そして、納付期限は被相続人の死亡から10か月以内となっています。この期限を過ぎてしまうと、課税額の増加というペナルティを受ける場合...

  • 相続税申告が必要となるケース相続税申告が必要となるケース

    相続申告が必要となるのは、①相続税が課税される場合、②配偶者特別控除の利用によって相続税の課税がなくなった場合です。 〇相続税が課税される場合 相続税が課税されるのは、相続財産額が控除額を超え...

  • 相続税の期限相続税の期限

    ■相続税申告の期限 相続税申告を行うのは、相続人が被相続人の死亡を知った日から10か月以内と定められています。「死亡を知った日」とされてはいますが、この点については「相続人の死亡日」と考えておい...

  • 税務調査の対象になりやすい法人の特徴とは税務調査の対象になりやすい法人の特徴とは

    税務調査とは、税務署が公平な課税を行うために、実際に申告されている内容と帳簿が一致しているかを調査することをいいます。 この税務調査は脱税を行っていない法人に対しても行われることが多いです...

税理士法人見浪白木会計事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ