050-3204-0552 (お問合せ専用ダイヤル) 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
(月~土)9:00~18:00

小規模宅地等

  1. 税理士法人見浪白木会計事務所 >
  2. 小規模宅地等

小規模宅地等に関する基礎知識記事や事例

  • 相続税の計算相続税の計算

    相続税の計算を行うためには、①課税対象額の計算、②課税額の計算という手順を踏みます。 ■課税対象額の計算 相続税の課税対象となるのは、相続する財産の総額から控除額を引いた分の金額です。控除額は...

  • 小規模宅地等の特例とは小規模宅地等の特例とは

    小規模宅地等の評価減の特例は、相続人に自宅や事業をスムーズに承継できるように配慮するための制度です。 相続税は、現金による一括納付が原則となっています。そのため、相続財産が自宅しかない場合...

  • 相続税申告が必要となる4つの基準とは?家族や身近な方が着目すべきポイント相続税申告が必要となる4つの基準とは?家族や身近な方が着目すべきポイント

    相続は誰にでも起こり得るものですが、相続税の納付や申告に関しては「誰にでも必要なこと」と言い切ることはできません。相続税の申告が必要になる人・不要な人の分かれ目はいくつかあり、当記事では4つの...

  • 相続税を納める義務がある人相続税を納める義務がある人

    ■控除額とは? 控除額とは、相続財産のうち、課税を免除される財産額の範囲をいいます。控除額の中には、基礎控除と特別控除の2種類があります。基礎控除はすべての人に与えられており、相続人の人数によっ...

  • 自分で相続税申告!メリットとデメリットのバランスが重要自分で相続税申告!メリットとデメリットのバランスが重要

    相続財産が一定以上になると、相続税の申告義務が相続人あるいは受遺者に課されます。 そしてこの相続税申告は自分ですることができるのですが、「自分ですべきかどうか」はよく考える必要があります。...

税理士法人見浪白木会計事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ