06-6809-5404 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
(月~土)9:00~18:00

相続税を納める義務がある人

  1. 見浪白木会計事務所 >
  2. 相続税に関する記事一覧 >
  3. 相続税を納める義務がある人

相続税を納める義務がある人

■控除額とは?
控除額とは、相続財産のうち、課税を免除される財産額の範囲をいいます。控除額の中には、基礎控除と特別控除の2種類があります。基礎控除はすべての人に与えられており、相続人の人数によって決まります。基礎控除の金額は、以下のようになっています。

基礎控除額=3000万円+(600万円×法定相続人の数)

特別控除は、一定の条件を満たした場合に適用される控除です。具体的な例としては、配偶者控除や小規模宅地等の特例などがあります。

基礎控除額と特別控除額の合計額が、その人の控除額となります。この控除額が遺産総額よりも小さければ、相続税の納税義務が発生します。反対に、遺産総額が控除額以下の場合には、相続税はかかりません。

■相続税の課税範囲
相続税は、相続した財産総額から控除額を差し引いた部分に課税される税金です。したがって、以下のような計算式が成立します。

相続税の課税対象額=相続した遺産総額-控除額

相続税は累進課税の方式をとっており、税率は遺産額によって変動してきます。

見浪白木会計事務所では、大阪市を中心に税務相談を承っております。相続財産調査を依頼したい、相続税の計算方法がわからない、手続きの方法が知りたい等、相続税についてお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

見浪白木会計事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ