06-6809-5404 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
(月~土)9:00~18:00

相続税の計算

  1. 白木会計事務所 >
  2. 相続税に関する記事一覧 >
  3. 相続税の計算

相続税の計算

相続税の計算を行うためには、①課税対象額の計算、②課税額の計算という手順を踏みます。

■課税対象額の計算
相続税の課税対象となるのは、相続する財産の総額から控除額を引いた分の金額です。控除額は、基礎控除・特別控除の合計によって決まります。基礎控除は法定相続人の人数に応じて必ず決定されるもので、以下のような計算になります。

基礎控除額=3000万円+法定相続人の人数×600万円

特別控除は一定の要件を満たした場合に適用される控除で、配偶者控除や小規模宅地等の特例があります。

以上のことをまとめると、以下の式になります。

課税対象額=相続財産総額-(基礎控除額+特別控除額)

■課税額の計算
課税額は、先ほどの課税対象額に相続税率を掛けることで算出します。

相続税率は、法定相続分に応じた取得財産によって決まります。取得額が1000万円以下の場合には10%、3000万円以下の場合には15%、5000万円以下の場合には20%、1億円以下の場合には30%、2億円以下の場合には40%、3億円以下の場合には45%、6億円以下の場合には50%、6億円超の場合には55%となります。

白木会計事務所では、大阪市を中心に税務相談を承っております。相続財産調査を依頼したい、相続税の計算方法がわからない、手続きの方法が知りたい等、相続税についてお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

白木会計事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ