06-6809-5404 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
(月~土)9:00~18:00

相続税の税務調査

  1. 白木会計事務所 >
  2. 相続税に関する記事一覧 >
  3. 相続税の税務調査

相続税の税務調査

■税務調査とは?
税務調査とは、税務署が納税者の申告内容に誤りがないかを確認する調査をいいます。特に相続税は、金額が高額になりやすく申告漏れも多いこともあり、税務調査の対象になりやすい傾向にあります。実際に、相続税においては納税者の約20%が税務調査の対象となっています。

■税務調査の対象になるのはどんなとき?
税務調査は、申告の虚偽や誤りを発見するために行われます。したがって、①申告書が誤っている可能性がある場合や、②遺産総額が高額な場合には、税務調査の対象となりやすいのです。

①を理由として対象となることが多いものとして、まず、相続人名義の預貯金額が多額となっているという事例があります。この時は、相続人が生前贈与によって相続税を回避したのではないかという疑いがあることから、調査が入りやすくなります。

また、相続人名義の証券口座があり、これが多額の残高を有しているような場合も、同様の理由から調査対象になりやすくなります。

②について具体的にみると、相続した資産の総額が3億円を超えると、税務調査を受ける可能性が高くなっています。

■税務調査対象になったらどうする?
税務調査の対象となった場合には、聞かれたことについて率直に話すことが大切になります。前日までに、相続税申告で使用した書類を準備しておき、当日に言われた際に提出できるようにしておきましょう。

白木会計事務所では、大阪市を中心に税務相談を承っております。相続財産調査を依頼したい、相続税の計算方法がわからない、手続きの方法が知りたい等、相続税についてお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

白木会計事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ